寝ている間の腰痛対策

ホーム>腰痛対策>寝ている間の腰痛対策

寝起きに腰が痛くなる理由って?

朝目が覚めると腰が痛い――そんなときに見直したいのが「寝具」です。
マットレスや布団は、適度なかたさのあるものを選びましょう。
やわらかすぎるマットや古いマットはおしりが沈みやすく、腰のカーブが保てなくなったり、寝返りが打ちにくくなったりするので、腰痛の原因になります。逆にかたすぎると背骨が反った状態になり、腰に負担がかかってしまいます。

「適度なかたさ」が ◎

かたすぎるマットはNG

痛みがあるときは、タオルなどを使って体のカーブをサポートすることがおすすめです。横向きの場合は、背中を丸めて膝を抱え込むようなポーズをとり、タオルなどをウエストの下に入れるとよいでしょう。あおむけの場合は、足を上げた状態にし、おしりの下にタオルを入れて骨盤を持ち上げると楽になるようです。

横向きに寝る場合

あおむけに寝る場合

高さの合わない枕は首に負担がかかってしまい、腰痛の原因に。枕は横向きに寝たときに、「頭⇒首⇒体の中心線」が一直線になる高さのものを選びましょう。

菊地臣一監修:腰痛, 2012, p. 84, NHK出版, 東京
三木英之ほか:腰痛, 2000, pp. 26-29, 106-107, 高橋書店, 東京
松本守雄ほか監修:腰痛のベストアンサー, p. 108, 主婦と生活社, 東京
ながくつづくその腰痛は、筋肉や関節だけでなく
痛みを抑える神経が原因かもしれません。
長引く腰痛は原因が
特定できないことも多く、
予防や対処法で悩むことも。
そんなときは自己判断せず、お近くのお医者さんにご相談ください。