腰痛対策

ホーム>腰痛対策

日常でのかんたん腰痛ケア

腰痛の原因は「筋肉や骨・関節の異常」のせい――そう思いがちですが、実は腰痛には、内臓などの異常や痛みを抑える神経の機能減弱、ストレスなど、様々な問題が影響することが多く、「原因が特定できない」ケースがほとんどです。痛みが3ヵ月以上続く「慢性腰痛」も様々な原因が考えられますが、生活習慣や無理な姿勢、体型が腰に負担をかけていることも。特に、以下に当てはまる方は要注意! これらは腰痛になりやすい生活習慣といわれています。

  • 1日中座りっぱなし、
    または、長時間立ちっぱなし
  • 足を組む癖がある
  • 立っているときに片足だけに
    重心が乗っている
  • ふだんあまり歩かない
  • 車の運転など、同じ姿勢でいる
    時間が長い
  • 太っている

慢性腰痛では、安静にしているよりもできるだけ動くことが大切だといわれています。
痛いからといって寝てばかりいると、足腰の筋肉が衰え、さらに腰痛が治りにくくなってしまいます。対策としては、体操・ストレッチで筋肉を動かすこと、腰に負担がかかる姿勢や動作を避けること、肥満などの腰痛につながる要因を減らすことが挙げられます。

今日からできる腰痛対策を実践してみましょう!

ながくつづくその腰痛は、筋肉や関節だけでなく
痛みを抑える神経が原因かもしれません。
長引く腰痛は原因が
特定できないことも多く、
予防や対処法で悩むことも。
そんなときは自己判断せず、お近くのお医者さんにご相談ください。