右側または左側の腰痛

ホーム>腰痛を知る>右側または左側の腰痛

片側が痛いときは要注意!?

腰の片側が痛いときは、椎間板ヘルニアや内臓の病気が原因かもしれません。

幅広い年代の人に起こる椎間板ヘルニアですが、特に働き盛りの30~50歳代の男性はなりやすいとされています 1)
椎間板ヘルニアとは、腰の骨と骨の間にある「椎間板」の中身が外に飛び出して神経を圧迫している状態。
左右どちらかにかたよって飛び出してしまうことが多いため、結果として片側の腰が痛くなることがあります 2)
圧迫された神経は脚のほうまで伸びているため、脚に電気が走るような痛みやしびれをともなうこともあります。

正常な状態

椎間板ヘルニア

椎間板の一部が神経を圧迫
  • 1)帯津良一ほか監修:自分で防ぐ・治す 腰・ひざの痛み, 2008, pp. 56-57, 法研, 東京
  • 2)菊地臣一監修:腰痛診療ガイド, 2012, pp. 30-33, 日本医事新報社, 東京
ながくつづくその腰痛は、筋肉や関節だけでなく
痛みを抑える神経が原因かもしれません。
長引く腰痛は原因が
特定できないことも多く、
予防や対処法で悩むことも。
そんなときは自己判断せず、お近くのお医者さんにご相談ください。